国内スポットで一番にお勧めする場所は沖縄の青の洞窟ダイビング

海底

ダイビングは器材が命になりますよ

ダイビングは、始める前に重たいボンベや、複雑なダイビング器材を準備したりしないといけないので、若干敷居が高いように感じるのではないでしょうか。
しかし、それらは反復して覚えれば、とくに苦もなくできるようになります。ダイビングライセンスを取得したものの、その難しさに億劫になって潜りに行かないというのはもったいな過ぎます。そこで、ダイビング器材の準備をおさらいしてみましょう。
まずは、ボンベの中の空気が汚染されていないか、空気を少し出してその臭いをチェックします。次に、BCDと呼ばれる浮力調整具を取りつけます。BCDの背中にボンベを固定するためのベルトがあるので、そこにボンベを通しバックルで固定します。
その後レギュレーターと呼ばれる呼吸装置をボンベの頭に取りつけます。この時、レギュレーターの穴とボンベの穴が合うように方向を確認して取り付けて下さい。
ここまで来れば形が出来上がって完成のように見えますが、忘れてはならないのは中圧ホースの取り付けです。レギュレーターからは4本のホースが伸びています。その中で、先端に何も付いていないのが中圧ホースです。
これをBCDに繋げることで、空気を送り込み、浮力調整を可能にします。他に細かい点がありますが、以上を押さえれば基本はOKです。難しく考えずにトライしてみましょう。

CONTENTS

  • 海の中の世界は言葉に言い表せない

    海の中に潜ると不思議な世界が広がります。なんだか感じたことのない世界です。夢の中にいるみたい。そんな世界を体験したいのなら、スキューバダイビングをしてみることです。初めての海の中は、怖いけどなんか落ち着く感じです。母体の中の感じでしょ…

    MORE

  • ダイビングは器材が命になりますよ

    ダイビングは、始める前に重たいボンベや、複雑なダイビング器材を準備したりしないといけないので、若干敷居が高いように感じるのではないでしょうか。しかし、それらは反復して覚えれば、とくに苦もなくできるようになります。ダイビングライ…

    MORE

  • ダイビングをするなら小笠原

    小笠原は浅瀬でも珍しい魚に出会えてしまうのでシュノーケリングで潜れれば充分楽しめたりします。水深15~20mの場所でツバメウオの群れやユウゼンが見られます。なので、やはり深く潜って長時間楽しむにはダイビングです。ポイン…

    MORE

  • 海外でダイビングをして経験から

    夫婦での共通の趣味、みなさんお持ちですか?テニスやゴルフもいいですが、体力が要りますよね?もし楽しみながら、長く続けられるスポーツを探していたら、ダイビングをおすすめします!ダイビングは旅行先で器具やスーツも借りられるし、水着…

    MORE

TOP